【ちゅこリノ日記】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

名古屋の一級建築士事務所アネストワンが提案する、「中古住宅(戸建・マンション)購入から始めるリノベーション」略して『ちゅこリノ』の活動記録。

「ちゅこリノ」と「つぐリノ」 

このお天気も明日まで?

いよいよ、梅雨らしい天気になりそうですね。
長靴大活躍かなぁなんて、今の暑さを惜しんでおこうと思います。

さて、アネストワンが「ちゅこリノ」に続く新しい言葉を作りました。
「つぐリノ」
継ぐ、つながるリノベーションです。
ここのコラム少しずつ増やして、いろんな想いで継いでいるんだと知って頂ければと思います。

20170617-tsugureno.jpg

先日、スタッフと話しをしていました。
「自分が育った家や、祖父母の家とか思い入れがある家をリノベーションして住むのはいいよね。」

生まれ育った家、身長を図った柱のキズはないけれど、
落書きをした壁や使い慣れた扉、窓一つでもいつかはなくなるかもと思うと切なくなります。
(小学生の時、家の外壁に落書きして、キレイに落ちるまで家に入れてもらえなかった過去を思い出しました、、、)

我が家にも、今は空き家となっている父の実家があります。
正確にはネコが一匹住んでいるので、毎日餌をやりに行き、週末には両親が手入れをしに行っていますが。

image1.jpg


祖父母の家は、以前にこのブログにも書きましたが昭和始めの家なので、
基礎や耐震上の問題からさすがにリノベーションは無理かと思います。

だから、アネストワンのお客さまの施行事例でもご両親や、ご親戚の家を引き継いでというのを見ると
なんだか、温かい気持ちになります。

なので、今回の「つぐリノ」は、空き家を持つもしくは、将来建て替えしかないと思っているお客さまに、
引き継ぐことができるんだと知ってもらいたいです。

その為には、家の状態を知ることも大切ですよね。
アネストワンでは、ホームインスペクション(住宅診断)も行っています。
第三者が確認することで、正確な状態がわかります。
どれくらいの費用がかかるのかも含めて、建て替えにするのか、「つぐリノ」にするのかを判断してもいいかなと思います。

次に気になるのは、資金ですよね、、、

私も自分の家が欲しいなんてつぶやいたせいか、
私ってどれくらいのローン組めるんだろうか、と現実を見始めてしまいました。

明日は「ちゅこリノ勉強会 Vol.30」
スタッフですが、お客さんとして参加したい気分。

宇野 明希子

[ 2017/06/23 15:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する