【ちゅこリノ日記】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

名古屋の一級建築士事務所アネストワンが提案する、「中古住宅(戸建・マンション)購入から始めるリノベーション」略して『ちゅこリノ』の活動記録。

これが私の(現場日記)一週間♪ 

連休についつい食べすぎてしまい『天高く馬肥ゆる秋』を実践中です。

さて、最近多いんです。
体重ではなく、

現場日記が。

超絶怒涛の6件!

写真があれば毎日のように掲載するので頭がこんがらがっております。
抜けてしまうこともあって日々、反省。
楽しみにしてくださっている方に申し訳なく。

というか、こんなにたくさんになることがあまりないので、
今日はここに設計が描いたパースと共に、一挙紹介!
(味があっていいですよね、手描き。大変だと思いますが、これを見ると「わぁ♪」とお客さまでなくてもテンション上がります。)

月曜日
月曜日 『tot』
一棟まるごとリノベーションのマンション物件です。
アネストワンでも何度か手掛けさせて頂いていますが、今回は最上階の高さを活かしてロフト下に収納。その他にも土間からつながるウォークインクローゼットやキッチンからつながるパントリーなど、充実の収納と自然素材を使用して住み心地の良い家を造っています。



火曜日
火曜日 『Fran』
2人のお子様も独立し、夫婦お二人の生活。家族がみんな集まるとき、ゆったり過ごせるようにリビングは広めに設計。
広々とした窓は、リビングから眺める外の風景、特にツツジのキレイな時期を十分に楽しめるように。
キッチン周りに配置する、フランスで昔購入された食器棚やワインセラーなど、少し贅沢な大人のリノベーションです。


水曜日
水曜日 『walka』
家の中を散歩するという意味を込めたこのタイトルの通り、既存を活かしながら回遊性を持たせた間取りにしました。
ホールの壁面には飾り棚を設けて、迎える人が優しい気持ちになるお子様たちの作品や、雑貨を飾るのも楽しそうです。
北欧系の明るい白木にブルーグレーなどの色を加えて、T様の明るい雰囲気があふれた家づくりが始まりました。


木曜日
木曜日 『Penkki』
ご主人の強いご要望の、広ーーーいリビングとアウトドア用品を収納する土間スペース。
すっきり暮らすための収納量は確保しつつ、ご要望を叶えています。
ダイニングには壁面に備え付ける、3mの木製ベンチと壁面は表しとして、この家のアクセントとなる場所になります。



金曜日
金曜日 『smish』
家具、照明にこだわりの深いS様のマンションリノベーション。
玄関を入ると目に飛び込んでくるヘリンボーンの床は、リビングまでつながります。
家族で料理をしたいという想いを叶えるアイランドキッチン、チェコの言葉で「笑う」という意味のタイトル通り、優しい笑顔があふれる家をつくっていきます。



土曜日
土曜日 『tiny』
築浅の戸建を購入されたF様。
使いづらそうな見ず周りの位置を見直して、オーダーキッチンを軸として、下がり壁の間接照明があるダイニング、
ルーバー扉を広く作ったリビング収納など、家族が楽しく暮らせるように計画しました。
漆喰の色を分けて、空間を雰囲気で区切り、フローリングも張り方を変えることで、空間に変化をもたらしています。



これらの工事日記を日々、更新する私の一週間~♪(の予定)




現場は工事の進み具合で、写真がある週とない週がありますが、
少しずつ進む工事の様子を見て頂くと、
リノベーションってこうして進んでいくんだーということを知ってもらえるかなと。



宇野 明希子


リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン



[ 2017/09/20 15:24 ] リノベーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する